※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

広告

【無いと後悔】ひらパー、ウインターカーニバルの服装と必須持ち物大公開

ひらパーのウインターカーニバルでは冬の間、雪遊びとスケートができるエリアができます。

必須持ち物の手袋と事前に雪遊びセットを用意しておくと、とっても楽しめるので家から用意していってください。

といっても、雪遊びに慣れていない大阪の人は、何を用意したらいいのかわかりませんよね?

この記事では持って行かなくて後悔したもの、持って行くべきものを紹介します。

5歳と3歳の子連れのわが家が初めてウインターカーニバルに行ったとき、行く前に知りたかった…と後悔しました。

事前準備がなかったら悲惨です・・・

※わが家が体験したのは2021年度なので、ウインターカーニバルの体験写真、商品のお値段は2021年度のものになります。

ウインターカーニバルは雪遊びとスケート

ひらパーのウインターカーニバル

ひらパーのウインターカーニバルは雪遊びができるスノーエリアとスケートエリアがあり、ウインターカーニバルエリアに入場するには別途入場料が必要です。

\今年はスノーエリアが拡大!/

開催期間は2023年12月23日~2024年3月3日 ※期間中休園日あり

入場料金

ひらパーの入場料+ウインターカーニバルの入場料が必要です。

アソビューなら割引価格で購入できます!

ひらパー入園券+ウインターカーニバル入園券のセット

  • おとな→中学生以上
  • こども→2歳~小学生
アソビューで事前購入
おとな こども

2,500円→2,300円

1,700円→1,600円

アソビューで購入する

アソビューチケット利用不可日

  • 2024/1/1 月
  • 2024/1/11 木
  • 2024/1/15 月〜 2024/1/19 金
  • 2024/1/22 月〜 2024/1/26 金
  • 2024/2/1 木
  • 2024/2/8 木
  • 2024/2/15 木
  • 2024/2/29 木
現地の窓口で購入
おとな こども
2,500円 1,700円

ウインターカーニバル入場券のみ

現地の窓口で購入
おとな こども
700円 700円

ひらパー入園券+フリーパス引換券+ウインターカーニバル入場券のセット

アソビューで事前購入
おとな(中学生以上) 小学生 未就学児(2歳~)
5,800円→5,300円 5,000円→4,600円 3,700円→3,400円

アソビューで購入する

アソビューチケット利用不可日

  • 2024/1/1 月
  • 2024/1/11 木
  • 2024/1/15 月〜 2024/1/19 金
  • 2024/1/22 月〜 2024/1/26 金
  • 2024/2/1 木
  • 2024/2/8 木
  • 2024/2/15 木
  • 2024/2/29 木

ウインターカーニバルでの必需品

ひらパーのウインターカーニバル

スケートリンク滑走・雪遊びには必ず手袋が必要だよ!

ウインターカーニバルのエリアには、家から用意した雪遊び道具の持ち込みOK。

わが家は100円ショップに売っている砂場道具のバケツや、スコップを持って行きました。

スノーエリアの雪は雪というよりガリガリした氷なので、スコップがあったほうが雪だるまを作りやすいです。

ひらパーのウインターカーニバル
2022年の写真

中でも売っていますが高いですね^^;

子供の服装

ひらパーのウインターカーニバル
大失敗!座って一瞬でぬれた!

持って行った方がいいもの

  • 着替え、ビニール袋
  • スキーウェアorレインパンツ
  • 防水手袋
  • 長靴

濡れてもいい服装で、できれば防水加工してある服やスキーウェアがベスト

スノーエリアは想像するようなサラサラ雪ではまったくなく、ガリガリのかき氷のような雪です。

雪が固まっているところはすべってしまうし、転ぶと一瞬でビショビショに。

着替えしか持って行かなかったわが家は、ひらパー前にある西松屋で着替えの追加購入をしました。。

着替え

着替えは最低でも、肌着・下着・靴下を含む1セットは用意してください。

防水の準備をしていなければ、ビショビショのボトボトです。

ぬれた服を入れるビニール袋も用意しましょう。

ロッカールームに服屋の試着室のような、狭いですが着替える場所があります。

レインパンツ

スキーウェアの代わりになるのが、レインパンツです。

スキーウェアを持っているならレインパンツは必要ないですが、そうそう持ってないですよね。

雪の中で座ったり、スケートで転んだりするので、とにかく下半身がぬれます。

わが家はレインパンツを持って行かなかったので、相当後悔しました。

レインパンツを子供にはかせている方を見て、その発想、天才かと思いました!

ポイント

子供用のレインパンツは100円ショップでも購入できますが、身長110~120cmくらいの子供用なので、未就学児には大きいです。

未就学児のお子さんには防水(撥水)加工がしてあるお砂場着がおすすめです。

\身長80~100cm対応・デザイン豊富/

防水手袋

雪遊びには防水(スキー)手袋が必須です。

普通の毛糸素材だと雪がひっついて遊びづらいし、すぐにぬれてしまいます。

素手でいいんじゃない?

素手で氷をつかんだ時に手にひっつき、痛い思いをした経験はありませんか?

手袋がないとそうなります。。

何より手が冷たくなって真っ赤になるので、手袋は絶対必要です。

\1~3歳用/

長靴

普通の靴だとツルツルとすべってしまいます。

防水加工していなければ靴がぬれてしまうので、子供用の長靴はあったほうがいいですね。

大人の服装

持って行った方がいいもの

  • 防水手袋
  • 長靴

大人の場合は転ばない前提で、暖かい格好をすればOKです。

動き回るのでスカートはあまりおすすめしません。

防水手袋

子供と同じく、毛糸の素材だと雪がひっつきます。

私はフリース素材の手袋をしていたのでひっつきませんでしたが、すぐにぬれてしまいました。

雪遊びもスケートも手袋は必須なので、防水じゃないにしても必ず用意してください。

\楽天手袋部門1位/

長靴

大人も固まった雪の上ではすべります。

なるべく長靴を持参したほうがいいですね。

最近はおしゃれな長靴(レインブーツ)が販売されているので、行き帰りも長靴のままでいいかもしれません。

\雨の日にも大活躍!/

スノーエリア(雪遊び)

ひらパーのウインターカーニバル
2022年の写真

スノーエリアは外のブースと屋根があるブースにわかれています。

大きな違いは屋根だけなので、空いているほうで遊ぶといいです。

無料で利用できる巨大スライダーは大人気! ※2023年からなくなったようです

わが家が行ったときは、コロナ禍の平日で空いていたので、ほとんど並ぶことなく何回もすべりました。

スケートエリア

ひらパーのウインターカーニバル
サブリンクでスケート補助具を使ってすべる写真

スケートエリアはメインリンク、ベビーリンクの2種類。

※2023年からサブリンクはなくなったようです

貸し出し用具

  • スケート貸靴(700円・サイズ15~31cm、二枚刃タイプは15~18cm)
  • ヘルメット貸出(無料)

おわりに

大阪ではめったに雪が降ることはないので、雪遊びは貴重な体験です。

子供たちは積もった雪の上で遊ぶのもスケートするのも初めてだったので、すごく楽しんでいました。

大はしゃぎするからこそ事前準備はしっかりして行きましょう!

子供の持ち物

  • 着替え、ビニール袋
  • レインパンツ
  • 防水手袋
  • 長靴

雪遊び道具もあるとベストです!

子供が無茶をしないかとヒヤヒヤしないよう、準備万端にしてめいっぱい楽しみましょう。